xckb的雑記帳

身の回りにあったことを雑多に語ります。

ドローン登録システムにDJI Air 2SとMavic miniを登録してみた

さて、今年(2022年)の6月20日以降、ドローンを飛ばすには国土交通省への機体登録が必要になったらしい。ということで早速登録してみたのだが、まあマイナンバーカードとか使える状況になっていれば、eKYCもそこそこスムーズにいけるし、まあ先日のワクチン接種状況アプリと同様、若干ながらマイナンバーカードのありがたみが増した感があるかも。

www.dips-reg.mlit.go.jp

登録対象となるのは重さ100g以上のドローン、ということで、Mavic miniやDJI Mini2に関してもこの制度の対象となるんだよね。まあそれを機に、以前使っていたMavic miniからDJI Air 2Sに乗り換えたとも言えるわけだけれども。

とはいえ、登録自体は特に問題ないんだけど、リモートIDって謎の仕組みと、どうやってこの登録記号を機体に明示するかということに関してはちょいと悩ましい。

原則としてドローンはリモートIDというもので登録番号を毎秒電波で送信しなければならないのだけれども、2021年12月20日から登録制度の施行までに事前登録したドローンはリモートIDが免除、という扱いなんだそうな(あといくつか例外事項はあるけど、補助者が必要だったり係留ドローンだったりするのでここでは考えない)。

まあ、リモートIDを内蔵できないドローンには後付けのアダプターみたいなやつで取り付ける形になるんだろうけれども、それなりに電池を食う仕様だろうから充電や電池交換が必要で、機体には固定できないはずなので、複数持ちだったりすると大変なんだろうなとか。

参考:「リモートIDの基本設計」
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kogatamujinki/dai11/siryou3-2.pdf

ということで、本当に既存のドローンにつけられるようなリモートID装置って6月までに間に合うのかな、と思うけれども、とりあえず事前登録したので関係なし。まあみんなその辺り疑心暗鬼な気もするので、現存するドローンを登録させるにはまあ、小狡い感があるものの上手いインセンティブの付け方だな、とは思わないでもない。

まあ、あとは機体に登録記号を表記する必要があるようなのだけれども、25kg未満の機体には3mm以上の文字サイズで登録記号を表記する必要がある。まあテプラでいいんだろうなと思うが、Mavic miniやDJI Mini2などではよく使う幅の9mmとか12mmのテプラだと大きすぎるわけだし、細い4mmのテプラだと文字が3mm以上の条件を満たさない。

また、Mavic miniもDJI mini2も今ひとつテプラと相性がイマイチそうな表面なので、強粘着タイプの6mmを新たに買ってみた。透明とかもあるけど、目立つように表記しろという趣旨からは白地の方がより適当だろうか(かと言って派手な色付きはちょっと…)。

ということでこれを使って作ったラベルをまずはMavic miniに実際に貼り付けてみると…。うん、特に剥がれやすい感じにはなってないし、サイズ的にもMavic miniの固定ボディ部分にちゃんと収まる。とはいえ上面にこの大きさのやつを貼るのはちょっとなぁ、と思ったので側面の左右両方に貼っておいた。

DJI Air 2Sの場合はボディ上面後方から側面後方が取り外し可能なバッテリーとなっているため、その部分にテプラを貼ることはできない(あくまで本体に貼る必要がある)。ということで、こちらもボディ側面後方に貼ることで条件をクリアできたかな。これも左右両方に貼っておいた。強粘着タイプのためか、こちらも接着性には問題なさそう。

ということで、やっとこのドローン登録関係がスッキリしたので、今年も初めてDJI Air 2Sを飛ばしてきた。

ふと気がつくと、DJI Flyがこんな昨年の飛行データに関するメッセージを出してきたんだけど、なかなか面白い。

去年自分がドローンを飛ばしたのは249分らしいけれども、これが「世界中の72%のパイロットより長い時間です」ということは、実は全世界のDJIユーザの7割は年間4時間も飛ばしていないということなのね。

まあ、コロナもあったから仕方がないのかな。俺もコロナなかったらもっと飛ばしていたと思うし。それでも全てのユーザの1年間の飛行距離を合わせると、地球から月へ192回もいける距離になるのだそうだ。きっと全体の5%くらいのユーザがヘビーユーザーで、その人たちが全体の95%くらいの距離を飛ばしていそうな雰囲気がしてならない。

まあ、今年は去年よりは飛ばしたいものだね。ということで今年は今のところ62分飛ばしてる。


(追記)DJI Mini 3 ProはリモートIDに対応がアナウンスされている模様。その他にも色々尖った機能が付いているっぽいので結局ポチってしまったけれども、納期2ヶ月になっているのはもしかしてテンバイヤー活躍中?
xckb.hatenablog.com