xckb的雑記帳

身の回りにあったことを雑多に語ります。

「ガールズバンドクライ」聖地巡礼 その10・第10話「ワンダーフォーゲル」(熊本編)

さて、体調不良などでしばらく休んでいた「ガールズバンドクライ」の聖地巡礼記事、ついに第10話の熊本編だ!

前回の第9話の記事はこちら。

xckb.hatenablog.com


今回の舞台は下北沢 → 川崎 → 熊本 → 東京 → 川崎という流れである。実際の時間としてはそこまで長くはないはずの熊本パートのドラマの濃密さもすごいし、街の再現度も実にすごい(こういうところは実に「よりもい」を思い出すよな)。

  • 第10話「ワンダーフォーゲル」
    • ライブ後にスカウトを受ける街角:下北沢Club Que前
    • スカウトの話を聞くカフェ:えくぷり
    • 階段でたたずむメンバーたち:ミカン下北
    • 仁菜がバイト中に母親と遭遇:吉野家川崎西口店
    • チケットを渡される仁菜:吉野家川崎西口店
    • 熊本駅に到着
    • 仁菜の実家最寄り駅:豊肥本線・竜田口駅
    • かつての仁菜の学校への道(1):豊肥本線・竜田口駅近辺
    • かつての仁菜の学校への道(2):豊肥本線・車内
    • かつての仁菜の学校への道(3):市電・新水前寺駅前駅
    • かつての仁菜の学校への道(4):大甲橋・市電の車内
    • かつての仁菜の学校への道(5):市電・洗馬橋駅
    • 熊本の風景(1):明午橋から大甲橋と安巳橋・銀座橋を望む
    • 熊本の風景(2):市電・辛島町駅前
    • 熊本の風景(3):市電・通町筋駅前から望む熊本城
    • 東京駅・東海道新幹線ホーム
    • 帰ってきた川崎駅前
    • おまけ:辛子蓮根カレー(アニメシ)と熊本での食事

注:記事中のAmazonへのリンクは、アソシエイトプログラムで収益化しています。


第10話「ワンダーフォーゲル」

今回のタイトルはくるりか!

ライブ後にスカウトを受ける街角:下北沢Club Que前

さて、下北沢でのライブの後、会場のClub Que前でたむろするトゲナシトゲアリのメンバーたち。ちなみにClub Queは「ぼっち・ざ・ろっく」の舞台であるShelterの目と鼻の先にあるライブハウスである。



出典:「ガールズバンドクライ」第10話、©︎東映アニメーション

ちなみに俺は残念ながらShelterにライブを聴きにいったことはないのだが、Club Queは行ったことある。懐かしい。



出典:「ガールズバンドクライ」第10話、©︎東映アニメーション

この踏切(もちろん機能していない)、設置されたのは割と最近(ストリートビューで見るからに2021年から2022年頃?)のようで、最近下北沢にはご無沙汰にしていた俺には全く記憶がない。



出典:「ガールズバンドクライ」第10話、©︎東映アニメーション

もしかして再開発で小田急の踏切がなくなったことへのノスタルジー的な何かで、その頃の踏切の現物が展示されていたりするのかな? ということでちょっと前の小田急エンジニアリングさんのポスト。

続きを読む

最近、おうち雲呑麺がマイブーム

注:記事中のAmazonへのリンクは、アソシエイトプログラムで収益化しています。

ずいぶん前に、自分で雲呑を作ることを試みた時期があったんだけれども、ちょっと下火になってしまっていた。というのは、普通にスーパーで売っている雲呑の皮が結構小さめで、日本で普通に食べられているワンタンを包むにはいい大きさなんだけれども、香港風の海老雲呑などを包むには小さすぎて、食感がイマイチだったんだよね。

そう、自分としては、こういう感じの雲呑が食べたかったんだ(残念ながら職場の近所から移転してしまった「Chinese Restaurant漢」の雲呑麺)。

ということで、職場近くの美味しい雲呑麺のお店も無くなってしまって残念に思っていたところ、先日子供が小さい期間+コロナ禍以来となる、超久々の海外行きということでシンガポールに行ってきた時、色々雲呑麺を食べて、再度この雲呑麺欲が復活したんだよね。

xckb.hatenablog.com

シンガポールだと、こういう香港風の海老雲呑麺もあるんだけれども…(日本の普通に雲呑皮だと、大きな具を包むとこのピロピロの余白ができないんだよね)。

こんな汁なしタイプのマレー風雲呑麺もあったりするんだよね。

汁なしになった上で、さらに雲呑も揚げ雲呑になったりもする。いろんな雲呑麺が世の中にはあるものだなぁ。

そんなわけで、まずは大きめの雲呑の皮を探すところから始まった。大きめの雲呑の皮を小口で売ってくれるところ、以前調べた時よりも結構増えていて、通販してくれるところも見つかる。

せっかく中華街のある横浜市に住んでいるということで、割と簡単に直接買いに行ける場所として見つけたのが、横浜の山手付近にある「永楽製麺所復活・悠楽」さん。こちらではかつて横浜の中華街で広く使われていたが閉店した「永楽製麺所」の元従業員の方々が、麺を小売してくれているお店だ。

www.kanaloco.jp

続きを読む

「ガールズバンドクライ」聖地巡礼 その9・第9話「欠けた月が出ていた」

さて、体調を崩していたり忙しくなったりでしばらく休んでしまった「ガールズバンドクライ」の聖地巡礼記事だが、まあ仕相変わらず忙しいものの体調は復帰したので、第9話分から再開しようと思う。

前回の第8話分の記事はこちら。

xckb.hatenablog.com

今回はほとんどの舞台が川崎であるが、すばるの家の近所設定の場所だけ東京都港区である。ということで今回の目次。

  • 第9話「欠けた月が出ていた」
    • 川崎駅東口
    • 仁菜が智にギターを聴いてもらう場所:神明町児童遊園
    • 第9話アイキャッチ:神明町児童遊園
    • 智がすばるの家から帰る途中に渡る橋:楽水橋
    • 智とルパの回想シーン:丸福珈琲店川崎アゼリア店
    • 仁菜がギターを弾いている河川敷:多摩川見晴らし公園

注:記事中のAmazonへのリンクは、アソシエイトプログラムで収益化しています。

第9話「欠けた月が出ていた」

第9話の「欠けた月が出ていた」、智ちゃん回だ。今回は現実の場所がモデルになっている場所は少ないんだけれども、非常に多くのカットで緻密な再現がされている。ということで、この辺りのモデリング凄いなぁ、と思うぞ。

欠けた月が出ていた

欠けた月が出ていた

Amazon

川崎駅東口

仁菜がルパ・智家のエアコンを破壊し、さらにその後のアレコレですばる家のトイレの扉を破壊してたどり着いた川崎駅前(単純にこれだけ聞くと酷いな)。



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

ヘビは処分しちゃダメだぞ!



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

左の方に見えるビルのようなものは、アゼリアのガラスに反射した右側のビルだ。



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

それにしても実に再現度が高い。



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

そして結局智にギターを聴いてもらうことに。



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

仁菜が智にギターを聴いてもらう場所:神明町児童遊園

仁菜がギターを聴いてもらうこの場所は、智とルパの家である河原町団地の横にある公園だ。



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

ちょっとアングルがずれていたか…。



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

なんか時期的には夏のように見えるんだけれども、藤って春に咲くものじゃなかったっけ? …と思って調べたら、どうやら夏に咲いてしまう場合もあるようだ。それともクソ暑い5月の設定なのかな?



出典:「ガールズバンドクライ」第9話、©︎東映アニメーション

続きを読む

「ガールズバンドクライ」聖地巡礼 その8・第8話「もしも君が泣くならば」

前回のガルクラ第7話の聖地巡礼記事はこちら。

xckb.hatenablog.com

今回の主な舞台は、桃香の回想(北海道旭川市)→ 中央道談合坂SA上り(山梨県上野原市)→ 実家に預金通帳などを送り返しフリーダムになる仁菜 (川崎市幸区)→ ダイダスのライブ(川崎市川崎区、東京都大田区)である。

というわけで、今回の目次はこちら。

  • 第8話「もしも君が泣くならば」
    • 桃香の回想:花咲スポーツ公園 球技場
    • 雰囲気最悪のバンドメンバーたち:中央道・談合坂SA(上り)
    • ギター入門の仁菜:島村楽器ラゾーナ川崎店
    • フリーダム仁菜:多摩川見晴らし公園
    • 預金通帳などを送り返す仁菜:戸手本町2丁目のポスト
    • 吉野家で働き始める仁菜:吉野家川崎西口店
    • ダイダスのライブ会場に向かう軽トラ:多摩川スカイブリッジ(1)
    • ダイダスのライブ会場:Zepp Haneda
    • 桃香の車を止める仁菜:羽田イノベーションシティ駐車場出口
    • 川崎に戻る仁菜と桃香:多摩川スカイブリッジ(2)

注:記事中のAmazonへのリンクは、アソシエイトプログラムで収益化しています。

第8話「もしも君が泣くならば」

ということでやっとの第8話。神回だ。


桃香の回想:花咲スポーツ公園 球技場

桃香さんの故郷は、第1話で語られていた通り旭川。たしかに自分は北海道に5月中旬に行ったのだが、旭川とは全く方面が異なる道東方面だし、またそうポコポコと北海道まで行けるものではない。5月に行った時の旅レポはこちら(一応「宝石の国」の聖地巡礼でもある?)。

xckb.hatenablog.com


というわけで、回想シーンの2D桃香さんが武道館を目指すグラウンドは、最初は旭川北高等学校のグラウンドかと思ったのだが、実際は隣の花咲スポーツ公園の球技場のようだ。背景の球場はスタルヒン球場。今回は旭川まで行くのが難しかったため、Google Earthからの画像でお茶を濁させていただきたい。


出典:Google Earth


出典:「ガールズバンドクライ」第8話、©︎東映アニメーション

でもまあ、桃香さんの出身高校は多分隣の旭川北高等学校という設定なんだろうな。


出典:「ガールズバンドクライ」第8話、©︎東映アニメーション


雰囲気最悪のバンドメンバーたち:中央道・談合坂SA(上り)

さて、最悪な雰囲気のハイエースは、談合坂SAへ。このSA入り口のシーンはかなりリアル。



出典:「ガールズバンドクライ」第8話、©︎東映アニメーション

上諏訪を月曜朝の5時過ぎに出たので、6時半ごろに着いたSAのフードコートはほぼ無人。普通の時間だとこんな遠慮なく写真撮れないと思う。



出典:「ガールズバンドクライ」第8話、©︎東映アニメーション

さて地獄のような雰囲気のこちらのテーブルと…。



出典:「ガールズバンドクライ」第8話、©︎東映アニメーション

こちらのテーブル。



出典:「ガールズバンドクライ」第8話、©︎東映アニメーション

続きを読む

「ガールズバンドクライ」聖地巡礼 その7・第7話「名前をつけてやる」(諏訪編)

前回のガルクラ第5話、第6話の聖地巡礼記事はこちら。

xckb.hatenablog.com

今回はいつもの川崎を離れて諏訪(長野)が舞台であり、分量も多いので、第7話は個別で1記事にしようかと思う。主要な舞台は溝の口(川崎市高津区)→ 中央道談合坂SA下り(山梨県上野原市)→ 上諏訪(長野県諏訪市)である。

というわけで、今回の目次はこちら。

  • 第7話「名前をつけてやる」
    • 溝の口のライブハウス:溝ノ口劇場
    • 中央道・相模湖IC(下り)
    • 休憩場所:中央道・談合坂SA(下り)
    • 「ようこそ、諏訪の国へ」諏訪市駅前交流テラスすわっチャオ
    • 新川崎(仮)のメンバーたちが車内泊する駐車場:諏訪中央駐車場
    • 第7話アイキャッチ:石彫公園
    • 諏訪のライブハウス:上諏訪clubrockhearts (1)
    • 居酒屋:焼鳥旬魚 二鳥目
    • 飲んだ後のあれやこれや:開運碑付近
    • 退学ジャンプへの道:開運碑 → 石彫公園
    • 諏訪のライブハウス:上諏訪clubrockhearts (2)

注:記事中のAmazonへのリンクは、アソシエイトプログラムで収益化しています。


第7話「名前をつけてやる」

今回はスピッツ。「新川崎(仮)」を改め、「トゲナシトゲアリ」の名前がやっと付く回である。

それにしても「トゲナシトゲアリ」の名前の由来がああいう設定だというのはあまりに予想外だったが。

zatsuneta.com

溝の口のライブハウス:溝ノ口劇場

そんな「新川崎(仮)」グッズ欲しいよなー。このTシャツだけでもいいから作ってくれないかな。


出典:「ガールズバンドクライ」第7話、©︎東映アニメーション

ちなみに、こちらのトゲラジ第8回で語られているLINEグループに関するエピソードを聴くと、もしかして「新川崎(仮)」って本当にトゲナシトゲアリの初期の仮バンド名だったのでは、という気が…。言われてみると劇中での「新川崎(仮)」の名前の登場は唐突だったしなぁ(まあ「トゲナシトゲアリ」という名前の登場もこれ以上ないほど唐突だったが)。

www.youtube.com

最初の1枚、あろうことかこのアングルを撮り忘れたのでストリートビューから。そのうち入れ替える。


出典:Google マップ


出典:「ガールズバンドクライ」第7話、©︎東映アニメーション

場所は高津区溝の口の「溝ノ口劇場」。川崎区と幸区以外の川崎市が出てきたのは初めてかな?



出典:「ガールズバンドクライ」第7話、©︎東映アニメーション

「溝ノ口カレー」に行こうかと思ったら、現在は単独では営業していないみたい。



出典:「ガールズバンドクライ」第7話、©︎東映アニメーション

場所はJR南武線の武蔵溝ノ口駅から歩いてすぐの場所。

中央道・相模湖IC(下り)

ということで、小淵沢報瀬さんのようにメンバーの総意で運転手を解任された桃香さんに代わって、ルパさんの運転で長野まで。というわけでこちらも同じように車で長野まで向かってみることに。本当は桃香さんの家の前から出発していってもいいかなと思ったのだけれども、30分ほど時間をロスすることがわかってパスすることにした(うちは首都高の某入口に結構近い場所なのでね…)。

こちらは相模湖IC(神奈川県相模原市緑区)の出口のところ、劇中の方がかなり望遠アングルだったのかな、と思ったのだけれども…。



出典:「ガールズバンドクライ」第7話、©︎東映アニメーション

実際は出口の看板が見え始めた時点で、こんな感じのゆるい左カーブに位置しているので、結構現実の風景からはアレンジされている、ということなのかな。


休憩場所:中央道・談合坂SA(下り)

談合坂サービスエリア下り(EXPASA談合坂、山梨県上野原市)。到着直前で修学旅行の高校生たちのバスに追い抜かされていき、さらにそのバスがこのSAで同じく休憩をとっている…とかいう演出、なかなか良いな。



出典:「ガールズバンドクライ」第7話、©︎東映アニメーション

「新川崎(仮)」のハイエースの駐車場所はすでに使われていたので、残念ながら止められなかった。



出典:「ガールズバンドクライ」第7話、©︎東映アニメーション

続きを読む

野付半島(北海道)の旅:砂嘴、海、空、夕日、朝日、鹿、狐、花、星、そしてオーロラ?

2024年5月10日から12日まで、北海道の野付半島まで旅をしてきた。今回はメジャーな観光地には全く目もくれず、北海道への入りと出も野付半島から一番近い中標津空港を利用し、ひたすら野付半島近辺を堪能するという、ある意味贅沢な旅だった。

そして、現在自分が使える状態にある写真機材をほぼ全て持っていくという、2泊3日の旅行にしてはおそらく人生で一番重い荷物を抱えての旅行であった(おそらく、しまなみ海道を2泊3日で飛行機輪行した時よりも、荷物は重かったと思う)。

そんな旅の記録(写真、動画などを含む)を、テーマ別にまとめてみよう。

今回の目次はこちら。

  • 野付半島とは?
  • ドローンでの空撮
  • 野付半島ドライブ
  • 朽ちていく森「ナラワラ」
  • 朽ち果てて消えつつある森「トドワラ」
  • 星の写真とスターラプス動画
  • 朝焼けの国後島
  • この紫色の光は低緯度オーロラだったのか?
  • (おまけ)宿と食事

注:記事中のAmazonへのリンクは、アソシエイトプログラムで収益化しています。

野付半島とは?

野付半島とは、北海道の標津郡標津町と野付郡別海町にまたがる非常に特徴的な形をした半島であり、全長28kmとも言われる日本最大の砂嘴である。

とはいえ内地の人間には、北海道のスケール感が理解できていないことも多いので、地図を見ただけでは江ノ島や天橋立に毛が生えた程度だと思われる可能性もある。そこで、東京の地図に同縮尺で、縦に回転させた野付半島のイメージを置いてみた。


出典:Googleマップ (https://maps.app.goo.gl/tfwCByge8qw9ERce6, https://maps.app.goo.gl/6vXnodyqP68nxJWX6

このように野付半島のスケール感は、実は「東京の山手線とほぼ同一」ととらえると、関東民にはイメージしやすいだろう(山手線の一周は40.4kmだ)。半島の付け根が大崎駅あたりにあるとすると、半島の東端は池袋を少し越えて板橋駅や王子駅あたりになる。そこから山手線のようにカーブして、上野駅や御徒町駅あたりまで砂嘴が続いているのだ。

半島内での有名な立ち寄りポイントであるナラワラ、トドワラ(ネイチャーセンター)はそれぞれ、代々木駅、池袋駅付近となる。

ドローンでの空撮

今回は、野付半島の東端でドローン(DJI Mini 3 Pro)による空撮を行った(関係各方面に申請済)。動画は4KでYoutubeにアップロードしたので、ぜひ可能なら大画面でご覧いただければと思う。

www.youtube.com

広角撮影で何枚か。満潮の夕刻。

それにしても地形が雄大すぎて、ドローンを飛ばす時の感覚が、地元で飛ばしている時と全然違って新鮮である。高度100m以上に飛ばさないと地形が見えてこない。

続きを読む

「ガールズバンドクライ」聖地巡礼 その6・第5話「歌声よおこれ」、第6話「はぐれ者賛歌」

前回のガルクラ聖地巡礼記事(番外編:トゲナシトゲアリMV「爆ぜて咲く」「名もなき何もかも」)はこちら。

xckb.hatenablog.com

ガルクラ第3話、第4話の聖地巡礼記事はこちら。

xckb.hatenablog.com

そんなわけで、今回は第5話、第6話の舞台を巡ってみた。今回はTOKYO DOME CITY HALLが東京都文京区、矢向湯が横浜市鶴見区である以外は全て川崎市川崎区と川崎市幸区かな(まあ鶴見区は実質川崎市鶴見区だと思う鶴見区民の俺)。予備校は大井町のようだが、具体的な場所が不明なのでノーカン。

というわけで今回の目次はこちら。

  • 第5話「歌声よおこれ」
    • 川崎のライブハウス:ライブハウス・セルビアンナイト(1)
    • いつもの吉野家:吉野家川崎西口店(1)
    • ライブハウス店長が出てくる中華料理屋:天龍 銀座街店
    • ダイヤモンドダストのチケットをもらう:ライブハウス・セルビアンナイト(2)
    • ダイヤモンドダストのライブ会場:TOKYO DOME CITY HALL
    • ドリンクぶっかけ合いの喧嘩をする居酒屋:やきとり 串揚げ 登利亭
    • 酔い潰れた桃香を運ぶ道:南河原中学校横の小道
    • 仁菜がヒントを得る横断歩道:南河原公園前の横断歩道
    • 新川崎(仮)のライブ:ライブハウス・セルビアンナイト(3)
  • 第6話「はぐれ者賛歌」
    • 智とルパのアジト:河原町団地
    • 新川崎(仮)の入浴:矢向湯
    • いつもの吉野家:吉野家川崎西口店(2)
    • いつもの吉野家:吉野家川崎西口店(3)
    • 新川崎(仮)vs beni-shouga会談:丸福珈琲店 川崎アゼリア店
    • 日本武道館
    • 仁菜とすばるが語り合う(?)駅のホーム:JR品川駅1番線ホーム南端

注:記事中のAmazonへのリンクは、アソシエイトプログラムで収益化しています。

第5話「歌声よおこれ」

第5話「歌声よおこれ」。川崎のライブハウスで「新川崎(仮)」が初めてフリーライブじゃないライブをするまでのあれこれ。居酒屋での3人の喧嘩がなかなか見応えがあったし、あのライブシーンは最高だったな。

歌声よおこれ

歌声よおこれ

  • Sony Music Labels Inc.
Amazon

川崎のライブハウス:ライブハウス・セルビアンナイト(1)

ライブハウスの中は、今回はライブに足を運んでいないので特に写真はない。撮影制限とかもあるかもだけど、機会を見つけて訪問してみたい。地下の「サウンドスタジオ八泉」も練習スタジオとして出てくる場所だよね。



出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション

この旧ダイヤモンドダストのポスターの位置、覚えておくやつだよね。


出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション

入り口は新川通に面している。



出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション

俺はかつてここを通って通勤していたので実に懐かしい風景である。



出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション


いつもの吉野家:吉野家川崎西口店(1)

申し訳ない、今回の期間に吉野家川崎西口店に行けていないので、新しい写真が撮れていない。第5話、第6話は吉野家がたくさん出てきたので、なんとかフォローしたいところ。


出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション

このチケットの買い方が実にルパさんスマートで良いね。


出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション


ライブハウス店長が出てくる中華料理屋:天龍 銀座街店

この商店街は「銀座街」。ここから南に行くと「銀柳街」そして「チネチッタ通り」に続く道で、かつての「古川」(新川通の「新川」との対比)を埋め立てた跡の道である。




出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション

後ろの「ロコカ」の場所にはかつて「コナカ」があったが閉店している。何気に細かい改変をしつつも再現度は高い。



出典:「ガールズバンドクライ」第5話、©︎東映アニメーション

続きを読む

Meta Quest 3のコントローラーの動作を赤外線で観察する

そういえばMeta Quest 3のコントローラーだけれども、以前のQuestやQuest 2と違ってあの「輪っか」の部分がないんだよね。コンパクトでいいんだけど。

あの輪っかの部分がどのような働きをしていたかというと、以前こちらの記事で書いた通りである。あの輪っかに赤外線LEDが配置されていて、それを本体の赤外線カメラで読み取ってコントローラーの位置を把握していたんだよね。

xckb.hatenablog.com

輪っかになっていた理由は、おそらく手の影にならないから、という理由だったのではないかと推測するのだけれども、そうするとQuest 3のこの形は大丈夫なのか? もしかして赤外線以外の手段でコントローラーの位置を測定していたりする? とか思って、久々に引っ張り出してきた赤外線カメラで撮影してみたところこんな感じに(アップスケール、フレーム補完済み)。

www.youtube.com

動画を見ればわかると思うけれども、トリガーをちょいといじると赤外線LEDが光りだす。なるほどこんな風に赤外線LEDが配置されているのね。指で隠れそうなあたりは巧みに避けている感じかな?

グリップのところにも、手で隠されにくそうな場所に1箇所赤外線LEDがある。

Questの時には赤外線を透過させていたトリガーとこのサイドのボタン、今回は透き通っていないのね。指が触っているだけの状態をAPIでは取得できるはずだけど、その辺はどうやっているのだろう?

ところで、トリガーに触れた後で一緒に光り始めるんだけれどもそのあと消えてしまうこの小さな赤外線LED、何の役目をしているんだろうね。

というわけで、たまーに楽しいことができる、かなり昔の赤外線対応トイデジカメYashica F537IR(改)、完全に液晶も黄ばんでダメダメな感じだけれども、未だに捨てられずに後生大事に取っておいているカメラなのである。前回楽しいことに使ったのはこれね。

xckb.hatenablog.com

また楽しいことがありそうだから、今後もちゃんと取っておこう。