xckb的雑記帳

15年ほどWeb日記をつけ続けていたのですが2012年で一旦休止、1年半ほど休んで新天地でぼちぼちのんびりまた始めてみることにしました。

「宇宙よりも遠い場所」聖地巡礼・館林編 その2:報瀬との場所の東屋、めぐみとの場所の茂林寺

3月1日に行ってきた「宇宙よりも遠い場所」館林の聖地巡礼記録の後編となります。前編はこちら。

xckb.hatenablog.com

後編では館林駅から少し離れたつつじが岡公園内と、茂林寺界隈に関してまとめます。特に茂林寺での第5話のやりとりは、実際に現地に行ってみるとその演出をよりリアルに感じられたので、詳しく紹介したいところ。

つつじが岡公園・ちびっこ広場

キマリとめぐみの思い出の場所である公園がこのつつじが岡公園・ちびっこ広場。大きめの滑り台やブランコはなくなってしまったらしい(最近よく言われる、ちょっとでも危なそうな遊具はなくなってしまう傾向がこのグンマーにも…?)。

f:id:xoc:20180301113851j:plain

f:id:xoc:20180305012701j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

そしてキマリが池を作っていた砂場がこちら。

f:id:xoc:20180301113900j:plain

f:id:xoc:20180305012735j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

ちなみに、つつじが岡公園には「旧秋元別邸」という古い家があって、小淵沢家のモデルではないかという説があるようだけれども、現地であらためてじっくり見たところ、自分には違うように思えて仕方がなかったので、写真はすべてボツにしました。

つつじが岡公園・東屋

物語中何度も出てくる東屋も、この公園の中にある。

f:id:xoc:20180301112252j:plain

f:id:xoc:20180305013343j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第7話

この吟と貴子のシーン、全く同じアングル(多分背景も使いまわし)がキマリと報瀬のシーンでも使われているのが実に面白い。ちょっと撮影で手を加えているっぽいけど。

f:id:xoc:20180305234028j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第2話

なかなか周囲も忠実に再現されているっぽい。

f:id:xoc:20180301112216j:plain

f:id:xoc:20180305013413j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第7話

館林駅からせっかくレンタサイクルで来たので、チャリも同じあたりにとめてみた。道のあたりを見ると、ちょっとアングルがずれていたか…。

f:id:xoc:20180301111841j:plain

f:id:xoc:20180305013917j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

たしかに、ちょっとひと休止するにはいい場所かも。

f:id:xoc:20180301113056j:plain

f:id:xoc:20180305014012j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

この東屋からどういう景色が見えていたかというと、THETAで360度写真を撮ったので、これで周囲を見回してみよう。目の前に広がっているのは城沼という沼? …というよりは湖と言っていいような風景。もしかすると、早朝までの豪雨で増水していたのかもしれないけれども。

例の東屋で360度写真。いい天気。#よりもい #yorimoi #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

前編で書き忘れたけれども、撮影はTHETA V。

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー

スタンドには以前こちらの記事で紹介したものをかれこれ2年以上使ってる。

xckb.hatenablog.com

それはともかく、よく見ると、自転車をとめるべき場所はもう少し左だったか…。

f:id:xoc:20180301113019j:plain

このシーンでは城沼も背後に見えているな。

f:id:xoc:20180305013515j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第2話

東武伊勢崎線・車内

東武伊勢崎線の車内は結構何度も出てくるけれども、わりと頑張って再現しているような気がする。一方で電車の外観の方の再現度はちょっとイマイチな気が…。

f:id:xoc:20180304012147j:plain

f:id:xoc:20180305014143j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第3話

茂林寺前駅

そんな伊勢崎線で1駅南に移動した先が茂林寺前駅。キマリが報瀬と運命のしゃくまんえんの出会いをする場所だ。

f:id:xoc:20180301134018j:plain

昼と夜の違いはあるものの、再現度高いな。

f:id:xoc:20180305014240j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

連絡橋の上から見た線路。

f:id:xoc:20180301134339j:plain

f:id:xoc:20180305014612j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

キマリが改札からホームへ。

f:id:xoc:20180301134045j:plain

f:id:xoc:20180305014320j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

そして連絡橋経由で反対側のプラットホームに向かおうとするキマリ。

f:id:xoc:20180301134120j:plain

あ、ここはもう少しアングルが低かったか。

f:id:xoc:20180305014433j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

そして訪れる運命の瞬間! あまりに素晴らしい再現度にびっくり。現地で歩き回ると実に一連の流れが自然に感じられる。

f:id:xoc:20180301134137j:plain

f:id:xoc:20180305014518j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

しゃくまんえんゲット。

f:id:xoc:20180301134516j:plain

f:id:xoc:20180305014357j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

そして今にして思うと、初登場シーンからしポンコツだった報瀬さん。

f:id:xoc:20180301134529j:plain

f:id:xoc:20180305014701j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

茂林寺前駅の駅前

そんなわけで、茂林寺まで歩くことに。駅前のたぬき。

f:id:xoc:20180301134636j:plain

もう少しアングル左だったか。

f:id:xoc:20180305014837j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第3話

この日は暑いというほどではないけれども、かなり暖かい日だったな。いい天気で良かった。

f:id:xoc:20180301143242j:plain

アニメの方は雲が完全に夏だな。

f:id:xoc:20180305014915j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第3話

茂林寺

ということで、割とすぐに徒歩で茂林寺に到着。流石のたぬき様達が勢ぞろい。

f:id:xoc:20180301135824j:plain

茂林寺のたぬきの伝承は、あの「分福茶釜」の原型になったらしいけれども、元のストーリーは分福茶釜とは少し異なる感じだ(→ 茂林寺の釜 - Wikipedia)。こちらの方は狸が化けていたのは茶釜ではなく茂林寺の僧侶で、茶釜はその僧侶が術を使っていくらでもお湯が湧く様になっていた、という設定らしい。だから現在も茂林寺に伝わっているという茶釜(そういえば時間がなくて見れなかったので、次にはちゃんと拝観料を払って見るか…)は別にたぬきが化けたとされるものではないのかも。なるほど。

ここで、境内に「よりもい」ポスター発見。そういえば街中ではあまり見かけなかったな。まああの東屋とかに貼られたら、それはそれで興ざめな気もするけど。

f:id:xoc:20180301140515j:plain

ここでは第1話と第5話の茂林寺シーンを中心にまとめてみる。再現度高いな。

f:id:xoc:20180301135755j:plain

f:id:xoc:20180305213850j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

茂林寺はキマリとめぐみの場所、東屋はキマリの報瀬(そして貴子と吟)の場所という位置付けなのかな。

f:id:xoc:20180301135912j:plain

f:id:xoc:20180305214032j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

実はこの門のところには4つスペースがあるけど、こんな木のベンチがあるのはこのコーナーだけだ。

f:id:xoc:20180301140057j:plain

f:id:xoc:20180305214207j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第1話

ここではTHETAの写真をつい撮り忘れてしまったのが無念。なのでもう一度行きたいな。

では次は、ここ茂林寺が一番長時間出てくる第5話、いってみよう。

f:id:xoc:20180301140226j:plain

f:id:xoc:20180305213152j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

やはり同じベンチで会話するキマリとめぐみ。だけど今度は横に並ぶのではなく向き合ってる。

f:id:xoc:20180301140209j:plain

f:id:xoc:20180305214352j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

明らかに1話の時点と比較して、キマリとめぐみの関係性が変わっていることを表現する演出が素晴らしい。

f:id:xoc:20180301140419j:plain

f:id:xoc:20180305214510j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

f:id:xoc:20180301140454j:plain

f:id:xoc:20180305214617j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

そして、2人のスペースから外に出るキマリ。

f:id:xoc:20180301140547j:plain

f:id:xoc:20180305214731j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

キマリは外の景色を眺めまわす。たぬき再現度高い。

f:id:xoc:20180301140937j:plain

f:id:xoc:20180305214834j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

元の世界、枠の中にとどまるめぐみは、やってきた方の景色を眺める。外に出たキマリは先の景色を眺める。

f:id:xoc:20180301140734j:plain

f:id:xoc:20180305214933j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

キマリに連れられて外の世界に出てくるめぐみ。だがキマリを元の世界に戻すための呪詛をくくり出すことをやめない。

f:id:xoc:20180301140905j:plain

f:id:xoc:20180305215035j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

そこにやってくる報瀬と日向。素晴らしいシーン。

f:id:xoc:20180301141059j:plain

f:id:xoc:20180305215125j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

後ろの参道の売店の再現度高いな。花山うどんだったのか。

f:id:xoc:20180301141233j:plain

f:id:xoc:20180305215209j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

もう少し派手にアングルを傾けるべきだったか。

f:id:xoc:20180301141319j:plain

f:id:xoc:20180305215253j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

マジギレする報瀬と落ち着いてる日向の対比がいい。

f:id:xoc:20180301141435j:plain

f:id:xoc:20180305215356j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

一見、さっきのめぐみとキマリのシーンと同じような構図に見えるが、めぐみがいたのは門の下で囲われたコーナーなのに対して、日向がいるのは門の外のベンチ。

f:id:xoc:20180301141527j:plain

f:id:xoc:20180305215525j:plain
出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

なので、日向はみんなと同じ場所にいて、それでいて一人超然としている。おそらく全ての構造を察した上で名言を語っているんだろうなぁ(ここでこれだけの強さを見せるがゆえに、第6話で日向が思わぬ弱さを見せるシーンがまた光るのだろう)。ちなみに、劇中で日向が座っていた場所にはベンチがなかったので、これは隣のスペース横のベンチ。

f:id:xoc:20180301141606j:plain

f:id:xoc:20180305215616j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

そして強引にめぐみを連れ出すキマリ。ただし近所まで。

f:id:xoc:20180301141654j:plain

f:id:xoc:20180305215711j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

数ヶ月ののち、この場所にキマリは戻ってくるのだろうけれども、その時めぐみとどういう関係になるんだろう…と思っていたら、ちょうど今、第10話を見たけれども、めぐみの話が久しぶりに出てきてよかったな。

茂林寺近くの休憩所跡

茂林寺から参道を戻って左に曲がってすぐのところにある休憩所。多分もう営業していないので「うどん そば」の看板も消滅している。

f:id:xoc:20180301142250j:plain

f:id:xoc:20180305215810j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

自販機はよくみるとちょっと違う。そしてプリンシェイクはない。

f:id:xoc:20180301142328j:plain

f:id:xoc:20180305215900j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

この背景、よく見るとちょっと違うか。どこを背景にしたんだろう? もう一度行ったらよく見てみたい。

f:id:xoc:20180301142432j:plain

f:id:xoc:20180305215923j:plain

出典:「宇宙よりも遠い場所」第5話

そんなわけで、特に茂林寺あたりの色々と凝った演出のされたシーンを、実際の現場で改めて見ることで、より明確にその意図を確認できたように思う。やっぱり第5話最高だな。是非現地に行ってみよう!

あと、ここでもやはり個別のたぬきさんとか撮ってなかったから、そのあたりも色々合わせて落ち穂拾いやりたいので、やっぱりもう一度自分も行きたい。いつ行けるかな。

(おまけ)おみやげ

おみやげは、館林駅前にある花山うどんで、噂の南極カリーにひもかわうどん、鬼ひもかわなどを購入。うちの子食うかな?

f:id:xoc:20180304234806j:plain

さらにおまけ:写真展「南極観測60年―定点観測者としての通信社」

今日の夕方、東京国際フォーラムで現在開かれている「南極観測60年―定点観測者としての通信社」というイベントに行ってきたのだけれども、共同通信の南極関係の報道写真などを集めたこの写真展、かなりの見応えがあったな。

戦後の日本の南極観測の始まりから…。

f:id:xoc:20180306181619j:plain

現在まで、というコンセプトを象徴する感じの2枚の写真が、順路の入口(東京駅側)と出口(有楽町駅側)に配置されている。

f:id:xoc:20180306174013j:plain

3月16日までの開催なので、お見逃しなく。入場無料。

prw.kyodonews.jp

(追記)このときに撮りそこねたところを真夏に落ち穂拾いしました。

xckb.hatenablog.com

(追記)北海道もちょっと。

xckb.hatenablog.com