xckb的雑記帳

15年ほどWeb日記をつけ続けていたのですが2012年で一旦休止、1年半ほど休んで新天地でぼちぼちのんびりまた始めてみることにしました。

2018年俺が見たTVアニメ・ベスト10

さて、2018年もそろそろ終わり。ということで、恒例の俺的アニメランキングベスト10、今年もやってみようかと思う。ちなみに昨年の内容はこちら。昨年のベスト3は「サクラダリセット」「けものフレンズ」「宝石の国」だった。

xckb.hatenablog.com

オールタイム・ベストに関してはこちらに書いたので、合わせて参照していただきたい。

xckb.hatenablog.com

ということで、さっそくいってみよう。メインはテレビ部門。この1年間に俺が全話見たアニメが対象。具体的に言うと次の38作品が対象だ。

  • 2018年冬
    • 伊藤潤二「コレクション」
    • 恋は雨上がりのように
    • 刻刻
    • citrus
    • 宇宙よりも遠い場所
    • ダーリン・イン・ザ・フランキス(1クール目)
    • 博多豚骨ラーメンズ
    • BEATLESS(1クール目)
    • ポプテピピック
    • ゆるキャン△
    • ラーメン大好き小泉さん
    • ヴァイオレット・エヴァーガーデン
  • 2018年春
    • 銀河英雄伝説 Die Neue These
    • ゴールデンカムイ
    • シュタインズ・ゲート ゼロ(1クール目)
    • ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
    • ダーリン・イン・ザ・フランキス(2クール目)
    • 東京喰種トーキョーグール:re
    • BEATLESS(2クール目)
    • ひそねとまそたん
    • ピアノの森
    • 踏切時間
    • 魔法少女サイト
  • 2018年夏
    • ISLAND
    • あそびあそばせ
    • アンゴルモア元寇合戦記
    • 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
    • シュタインズ・ゲート ゼロ(2クール目)
    • 進撃の巨人 Season 3
    • はねバド!
    • はるかなレシーブ
    • BANANA FISH(1クール目)
  • 2018年秋
    • あかねさす少女
    • 色づく世界の明日から
    • SSSS.GRIDMAN
    • ゴールデンカムイ 2期
    • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
    • ソードアート・オンライン アリシゼーション(1クール目)
    • ゾンビランドサガ
    • 東京喰種トーキョーグール:re 2期
    • BANANA FISH(2クール目)
    • やがて君になる

では、毎度恒例だけれども、出し惜しみせずに1位からいってみようか。

TV作品部門

1. 宇宙よりも遠い場所(冬)

1位は文句なし「宇宙よりも遠い場所」だ。去年の暮れに前回のランキングを書いたときに、春に一番注目している作品としてこの作品を挙げたのだが、予想を大きく上回って5年、10年に1度クラスの名作に化けたと思う。それぞれ何らかの問題を抱えた4人の女子高生たち(ただし正確に言うとうち1人は高校中退のフリーター)が出会い、南極を目指し、その過程でそれぞれの問題と向き合っていく青春友情物語。

f:id:xoc:20190106110737j:plain
出典:「宇宙よりも遠い場所」第13話

今あらためてPVを見ると、これだけでも既に名作の香りが漂っている気がするのが不思議だ。PVなのにOP、EDの曲じゃなくてあくまで挿入歌の「空を見上げて」を持ってくるあたりに本編での素晴らしい挿入歌の使い方を思い出すし、そもそもこのPVからは、本当に南極に行けるかどうかわからないところが、この先一体どうなるんだろう…と思っていた序盤の頃を思い出すのも面白い。

www.youtube.com

生々しく描かれた友人の嫉妬とその昇華、ありがちな美しい和解のドラマを拒絶した「許せない他人を許さないこと」への肯定、そして一人で生きることを選んできた人間が、初めてできた友人たちと共に夢を達成したあとに見えるもの…、その他にも語り尽くせない多くのドラマが毎回、素晴らしい演出とともに視聴者の涙腺を搾り取る傑作だ。

とりあえず「よりもい」に関してひとまず語りたいことは一通りこちらに書いた気がするので、詳しいことに関してはこちらを読んでいただければと思う(既に見た人向けの内容ではあるのだけれども…)。

xckb.hatenablog.com

先日、New York Timesの「Best TV Shows of 2018」で「The Best International Shows」の1つとして、アニメからは1作品だけ(日本からも1作品だけ)この作品が紹介されていた件は話題になったけれども、よくもまあ拾ってきたものだと選者の慧眼に感服する。ここで紹介されているように、年齢や文化の垣根を越えて届けられるべき、笑いあり涙ありの傑作友情物語だと思う。

www.nytimes.com

もしまだ見ていないのであれば、何らかの機会にぜひ見るべき作品だ。現在でもAmazonプライムで配信中である。

あまりに完璧に1クール13話ですべてを語りきって終了したので、続編などはないほうがいいのではないかと思うけれども、スピンオフ作品とかはぜひ見てみたいので期待している。

宇宙よりも遠い場所 1(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]

宇宙よりも遠い場所 1(イベントチケット優先販売申券) [Blu-ray]

そうそう、また館林に行ってみたいな。まだ一度も夜の館林を楽しめていないんだよね。

xckb.hatenablog.com

2. ゾンビランドサガ(秋)

2位はこれまた文句なく「ゾンビランドサガ」。PVを見てもPV詐欺作品なので、どういう作品か全くわからないが、一歩間違えばただの出落ちアニメになりそうなこの演出も、最初の話題作りのスタートダッシュに大きく貢献した言えるだろう。やっぱりどんなに素晴らしい作品でも、多くの人に見てもらえないことにはその分熱狂の総量が増えないからな。

www.youtube.com

「不慮の事故で死んだアイドル志望の少女がゾンビとして蘇り、同じくいろいろな事情で死んで蘇った『伝説の』少女ゾンビたちとユニットを組んで、アイドルグループとしてデビューして佐賀県を救う」

ストーリー概要は本当に無茶苦茶だ。だが本当に無茶苦茶だったのは、このストーリーから笑いあり涙ありの熱いドラマを作って、たとえばTwitterやpixivにファンアートが溢れかえるような状況を作ったということだろう。だって…いくらかわいくてもゾンビだよ。ああ、かわいいゾンビといえば「さんかれあ」という先駆者もあったけども、残念ながらここまでの熱狂を作ることはなかったよね。

f:id:xoc:20181231074558j:plain
出典:「ゾンビランドサガ」第7話

音楽に関しても見事だ。OP、EDは言うに及ばず、劇中のアイドルユニット「フランシュシュ」が歌う曲も、アイドルソングとして実によくできている上に、ドラマを反映して作られた歌詞が実によい。

そしてユニットの1人、かつての平成の伝説のアイドルが昔所属していたアイドルグループの曲が、当時の設定の曲はちゃんと「娘。」っぽくって、そして同じグループの現在の曲がAKBっぽかったりするのも実に細かくていいのだけれども、さらに当時とメンバーが全員入れ替わっていたりする。こういうこだわりもまた、死によって断絶した時の流れを感じさせてくれてすごい(CDでメンバーのリストは確認できる)。

【Amazon.co.jp限定】 徒花ネクロマンシー (特典:場面写真ブロマイド)

【Amazon.co.jp限定】 徒花ネクロマンシー (特典:場面写真ブロマイド)

  • アーティスト: 源さくら(本渡楓),二階堂サキ(田野アサミ),水野愛(種田梨沙),紺野純子(河瀬茉希),ゆうぎり(衣川里佳),星川リリィ(田中美海)
  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
  • 発売日: 2018/11/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

さらに、この平成のアイドル役を演じるのが、まさに病気休養から復活したばかりの種田梨沙だということろが最高すぎる。いやゾンビじゃないけど。

光へ

光へ

  • アーティスト: 源さくら(本渡楓),二階堂サキ(田野アサミ),水野愛(種田梨沙),紺野純子(河瀬茉希),ゆうぎり(衣川里佳),星川リリィ(田中美海)
  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
  • 発売日: 2018/11/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

根本的なストーリーは本当にふざけているとしか思えないのだが、その上で成り立つドラマはとても丁寧に作られている。一方で細かいことに関しては突っ込んだら負けである感を維持しているので、本当に何でもできる舞台をこの作品は実現しているところが凄い。このアニメに関しては「よりもい」と同様にちゃんと書く機会を作るつもり。

そしてこの作品を見ると、佐賀に行きたくなるし、そうは言っても佐賀はなかなか遠いので、まずは佐賀のものを食べたくなったりする。でもなかなかない。そんなところがさすがは「存在自体が風前の灯」の佐賀県! とはいえこの作品の影響で佐賀を訪れる人も増えているし、佐賀のものを買う人も増えているようだ(俺もな)。

xckb.hatenablog.com

ということで、「佐賀を救う」道はまだ始まったばかりだ。早いところ二期を頼むぜ!

ゾンビランドサガ SAGA.1 [Blu-ray]

ゾンビランドサガ SAGA.1 [Blu-ray]

あと、種田梨沙の最初の本格復帰作品が、こんな豪快なスマッシュヒットを飛ばしたことは非常にめでたいことだと思う。来年のさらなる大活躍を希望。

3. SSSS.GRIDMAN(秋)

3位はグリッドマン。今回ランクインした10作品の中でこの作品だけが1話を最初見ていなかった作品だ。つまりいわゆるゼロ話切りしていた。去年のメイドインアビスに続き、ゼロ話切り作品をベスト10内に挙げることになるとは、実に不覚の限りだ。

www.youtube.com

もともと、原作の特撮版「電光超人グリッドマン」をやっていた頃はアニメ・特撮関係からは完全に引退していた頃だったので、そもそもそんな作品の情報は知らなかったのというのはあるのだけれども、とにかくこのアニメの概要を読んでも、「ああ、俺の守備範囲外だ」と思って無視していた。どうやら世間が盛り上がっているらしいと知って、配信で追いついて見始めたのは3話からだ。

f:id:xoc:20181231111828j:plain
出典:「SSSS.GRIDMAN」第6話

1993年に、サイバーワールドで戦う超人を描いたという、かなり先進的すぎた作品だったらしい「電光超人グリッドマン」。まあ1993年であれば俺は既にインターネットをじゃんじゃん使ってた気がするけれども、早かったのは確かだろうな。Amazonプライムで見ている途中なんだけれども、まあ色々90年代の特撮番組なんだが確かに面白い。

電光超人グリッドマン Blu-ray BOX

電光超人グリッドマン Blu-ray BOX

アニメ版「SSSS.GRIDMAN」をある程度見たところで、これは原作も見ないと面白味が半減するのでは、と思って原作も見始めたのだが、これがかなり正解だった。別に全部見る必要はないと思うし俺も見ていないのだけれども、それなりに見ていると特に後半から最終回に向けての面白さが倍増すると思う。

アニメの方は、とにかく色んな作品へのオマージュが多いが、エヴァンゲリオンへのオマージュの影響からか、この作品を「セカイ系」って呼ぶ人が多数いるのはちょっと違うんじゃないかな、と思う。これは多分、第6話の「うる星やつら2・ビューティフルドリーマー」へのオマージュの部分を見て、それを原作とつなぎ合わせるほうがストーリーの全体的な構造としては正しくて、最終話も素直に納得できるのではないかと思う(最終話のあの演出がまたエヴァ的で混乱させられるのかも知れないけれども)。

あと、宝田六花さんの太ももとあの性格はたしかに素晴らしい。それは認める。あの「えー」って言い方とか最高だよな。彼女をヲタクの天敵みたいとする意見をいくつか読んだけど、あんなに内海やアカネに面倒見がいい子がヲタクの天敵のわけないだろ(笑)。

SSSS.GRIDMAN 第1巻 [Blu-ray]

SSSS.GRIDMAN 第1巻 [Blu-ray]

4. 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(秋)

4位は青ブタ。誤解されそうだが、タイトルにもあるバニーガール姿は全編で合計数分しか出てこないぞ。あとOPの数秒か。

www.youtube.com

まあ、主人公の中の人が一緒なので「サクラダリセット」と比較しやすくたまにそういう意見を読むが、内容的にはそんなに近くないと思う。どっちかといえば化物語のほうがずっと近い。まあ化物語もサクラダリセットもそれぞれの理由でとっつきにくい部分のある作品ではあるが、「青ブタ」はその点素直に感情移入がしやすいという面では良い作品であると思う。

f:id:xoc:20181231134336j:plain
出典:「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」第13話

確かにラストを「あそこ」で終わらせることには色々議論があると思うが、映画版が決まっているということでまあ、いいかな、と思ったのだけれども…。どうも映画の範囲内でもラストのもやもやは解決しないらしいという噂を聞いて、なんで2クールやってくれないんだよ、とは思うな(同じ石川界人が主人公の「サクラダリセット」が2クールで原作を全部やってくれたのは本当に偉大だった)。ちょっと切なすぎる。まあ映画は楽しみにしている。

ao-buta.com

まあ、あとは割と近場が舞台なので聖地巡礼がしやすい点は良い。とはいえ、実は最終回の1週間前に俺が金沢に行っていたというのは、偶然とはいえ痛恨のスケジュールミスではある。卯辰山望湖台、行くべきだったなぁ…。1週間後だったら絶対に行っていたのだが。

xckb.hatenablog.com

5. BANANA FISH(夏〜秋)

よりもいで女ばかりのアニメを見たのでこちらで男ばかりのアニメでバランスをとる…というわけではないのだが、実は俺はBANANA FISHに関してはバリバリの原作世代で当時(さすがに単行本派ではあったが)リアルタイムで読んでいたのだ。

www.youtube.com

というわけでまあ、アニメ化にあたって、時代が現代にアレンジされると聞いたときはかなり不安を覚えて、あたかも好きな漫画が実写映画化されると決まったときのようにドキドキしてはいたのだが、フタを開けるとまあ、これはこれでアリなのでは、という感じで、なおかつストーリーを適度に忘れていることもあって(さすがに時が経ちすぎた)まるで初見のように楽しめたのは良かったと思う。音楽とかCVも良かったと言っていいのではないかな。

f:id:xoc:20181231134153j:plain
出典:「BANANA FISH」第13話

原作を読んでいた頃には、行ったことない夢の場所だったニューヨークも、今では何度も行った懐かしの場所だし、まあいろいろ人生を感じる作品だった。普段ここまで男ばっかりの作品ってあまり見ないんだけれども、実にそれを感じさせない楽しさだったな。やっぱり良い原作をちゃんと作るといいよね。若い世代にはどう思われたのか、よくわからないけれども。

BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)

BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)

6. シュタインズ・ゲート ゼロ(春〜夏)

俺はシュタゲに関しては徹底して助手派なのだが、それゆえに本物の助手がほとんど出てこないゼロに関してはどれだけ熱中できるかなと思ったけれども、まあそこら編は比屋定さんが結構カバーしてくれたし、まゆしぃもゼロでは色々と成長しているので良かったと思う。

www.youtube.com

それにしてもあの枝葉が多くて長いゲームを、よく1つのストーリーに組み直したな。比屋定さんの牧瀬紅莉栖へのジェラシー的なやつが個人的には結構ツボだった。

f:id:xoc:20181231134713j:plain
出典:「シュタインズ・ゲート ゼロ」第8話

まあそうは言っても無印がアニメとして良く出来すぎていて、なかなか続編は大変な作品だよね。その中では結構頑張ったと思う。

シュタインズ・ゲート ゼロ Vol.1 [Blu-ray]

シュタインズ・ゲート ゼロ Vol.1 [Blu-ray]

7. 色づく世界の明日から(秋)

最終回を見て大きくランクアップした。まずは映像作品としてとにかく美しい。美しい長崎の街と美しい色の「絵」が奏でるハーモニーが素晴らしい作品。

www.youtube.com

ストーリー全体として淡々としていて大した事件は起こらない作品なんだけれども、最終回まで見たときに今までのストーリーを思い出してじんわりと温かい気分になる作品。

f:id:xoc:20181231135841j:plain
出典:「色づく世界の明日から」第6話

そういえばあの個展を開いていたお姉さんとか、描かれなかった時間の中で色々重要な役目を果たすんだろうね多分。その他にも色々な部分で、描かれなかった時間への想像を掻き立てられるんだけれども、描きすぎていないところがとても良い。

f:id:xoc:20181231140339j:plain
出典:「色づく世界の明日から」第6話

ちなみにあの個展の作品は描き下ろしで、川村ナオコさんによるもの。後述の劇場版夏目友人帳もそうだけれども、劇中のアーティストのキャラクターに、実在のアーティストさんを当てるのはとてもいい傾向だと思う。劇中のキャラクターが言葉を紡ぐのに声優さんが必要なように、劇中のキャラクターがアートを創り出すにはアーティストさんが必要だよ。

色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1

色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1

8. あそびあそばせ(夏)

今年のバカアニメ枠はこちら。呼吸困難になるかと思ったほど笑い転げたのはこの作品だけだ。このアニメって本当にバカ。超オススメ。

www.youtube.com

ところで、まさか今頃になって「あそびあそばせ」のLINEスタンプが出たので、気になる向きの方はぜひ。前多もちゃんとあるぞ。

あと、青空つぐみ(CV.悠木碧)が実に大空ひばりネタで素晴らしい。悠木碧のボクっ娘、実は多分男、…俺得だな。

あそびあそばせ 1 [Blu-ray]

あそびあそばせ 1 [Blu-ray]

9. 進撃の巨人 Season 3(夏)

いやー、アニメで見るとまた格別だと思うわ。でも1クールちょいしかないとやっぱりちょっと物足りないよね。あんり巨人が出てこないあたりの話なのでちょっと退屈するかなと思ったけれども、思ったよりもずっと楽しかった。

www.youtube.com

まあ、このあたりはやっぱりクリスタに限るな。

TVアニメ「進撃の巨人」 Season 3 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

TVアニメ「進撃の巨人」 Season 3 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

10. 踏切時間(夏)

今回唯一5分アニメからのランクイン。あんまり内容はないんだけれども、毎回毎回踏切前で交わされるちょっと面白い物語。踏切前っていろんなアニメでいろんなドラマが展開するけれども、わりとギャグよりにそういう部分だけ切り取った感じ。なにげに毎週気になっていた。

www.youtube.com

オープニングの墨絵風な踏切もとてもよいと思う。しかし円盤、1クール全部入れても42分しかないのね(笑)。

踏切時間 [Blu-ray]

踏切時間 [Blu-ray]

OP曲部門

次はOP曲部門。

1. フランシュシュ「徒花ネクロマンシー」(ゾンビランドサガ)

やはりトップはこれしか考えられない。椎名林檎文法的なタイトルに漢字の多い歌詞が、ストーリーに合っていて実に泣かせる。そして種田梨沙の復活だ(種田梨沙はC/Wのアイアンフリルの「娘。」風ソングではセンター役なのでより目立ってる)。そしてOPのアニメーションも最高すぎる。

www.youtube.com

2. ハルカトミユキ「17才」(色づく世界の明日から)

実は俺は、だいぶ前からハルカトミユキのファンだったのだ。今回始めてアニソンを歌うということでどんな曲になるのかと思ったら、とても素敵な曲に最高のアニメーションが付いてまさに最の高!

www.youtube.com

3. saya「The Girls Are Alright!」(宇宙よりも遠い場所)

そして3位はこちら。もともと歌ってみた方面の人なのね。オープニングのこの曲も素晴らしいんだけれども…。

The Girls Are Alright!

The Girls Are Alright!

  • saya
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

C/Wに入ってる挿入歌の方に、むしろ本編中で毎回涙腺を絞られていた冬シーズンだったなぁ。

ハルカトオク

ハルカトオク

  • saya
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

次点は駒形友梨「トマレのススメ」(踏切時間)。良い曲だ。

www.youtube.com

ED曲部門

今回もどちらかというとED曲のほうが乱戦気味で選択に迷った…。

1. 玉木マリ(水瀬いのり),小淵沢報瀬(花澤香菜),三宅日向(井口裕香),白石結月(早見沙織)「ここから、ここから」(宇宙よりも遠い場所)

結果、1位はやはりよりもい! 素晴らしい曲だ。一回だけイベントで公開されたあのライブも感激だったな。生で聴けてよかった。

ここから、ここから

ここから、ここから

  • 玉木マリ(CV:水瀬いのり)、小淵沢報瀬(CV:花澤香菜)、三宅日向(CV:井口裕香)、白石結月(CV:早見沙織)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2. XX:me 「トリカゴ」(ダーリン・イン・ザ・フランキス #1〜#6)

この曲がEDだったあたりのダリフラは最高だったよな。曲自体やEDアニメーションも素晴らしかったし。まあダリフラに関しては後でちょっと書くわ…。

トリカゴ

トリカゴ

  • XX:me
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

3. Aimer 「Ref:rain」(恋は雨上がりのように)

なんかAimerは俺のツボにまさにピッタリの曲を年1回くらい送り込んでくるよな。こういうの大好物なんだよ。

www.youtube.com

次点は亜咲花「Marine Snow」(ISLAND #9〜#10)。ISLANDが2回だけタイトルも変わった(NEVER ISLAND)時のED。本編のEDよりずっと好き。

www.youtube.com

劇伴部門

宇宙よりも遠い場所

これはもう選択の余地もなくこれ。ストーリーと絵とセリフと挿入歌と、そしてこの劇伴が総出で見ている人間の涙腺を絞りに来る恐るべき作品だったな。

TVアニメ「 宇宙よりも遠い場所 」 オリジナルサウンドトラック

TVアニメ「 宇宙よりも遠い場所 」 オリジナルサウンドトラック

次点は「SSSS.GRIDMAN」。サントラはエヴァっぽいジャケットに鷺巣詩郎の音楽ってところが潔くて実に好き。

TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」オリジナルサウンドトラック

TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」オリジナルサウンドトラック

劇場版アニメ部門

おまけに劇場版アニメ部門ベスト3。とはいえ、それほど数を見ているわけではないけれども、今年は実に自分的にヒットする作品の多い素晴らしい年だった。

1. さよならの朝に約束の花をかざろう。

これは本当に凄かった。映画館で嗚咽するように泣くような経験をしたのは実に初めてだ。かつて男の子であり、今は男の子の親であるということで、いろいろな意味で人生的に共感できるのかも知れないけれども、まさかこんな衝撃を受けるとは思わなかった。

www.youtube.com

xckb.hatenablog.com

そしてついに先日円盤がリリースされたのだが、家で円盤で見てもやっぱり大感動している。

さよならの朝に約束の花をかざろう (特装限定版) [Blu-ray]

さよならの朝に約束の花をかざろう (特装限定版) [Blu-ray]

2. リズと青い鳥

絵柄とか予告編を見た最初のイメージとしては、今までのユーフォと全然雰囲気違うなぁ、大丈夫かな? と思っていたのだけれども、実際に劇場で観てみたら超大好物な作品だった。今までのユーフォの劇場版3作品の中では圧倒的にこの作品が大好きだ。

www.youtube.com

まあ、それほどストーリーらしきストーリーもない映画だけれども、あの第三楽章のシーンだけでも、ご飯何杯もいけるな。そして俺は剣崎さんがなにげに好き。この映画も「味がついてて美味しいですよ」。

リズと青い鳥 台本付初回限定版 Blu-ray

リズと青い鳥 台本付初回限定版 Blu-ray

3. 劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~

割と個人的に知っていて、うちにも一点物の作品が結構たくさんあるアーティストさんがアニメ映画のスタッフリストに出てる、というだけで感激なんだけれども、しかも彼女をモデルにした役が重要なキャラクターでCV.島本須美って、なんかそれだけでもう信じられないよね。さらに作品としても素晴らしく、何度観てもよい。

www.youtube.com

これをきっかけにシーズン1を予習して見に行った劇場版夏目友人帳、最高だったな。詳しくは別記事で。

xckb.hatenablog.com

切り絵作家の大橋忍さん、来年はまたいろいろな場所で活躍の場を広げてくれると嬉しいな。忍さんデザインの劇場限定販売グッズや入場特典は宝物だな。

f:id:xoc:20181028111644j:plainf:id:xoc:20181028110738j:plain

次点は「ペンギン・ハイウェイ」。

その他、雑多な話題

というわけでランキングはこれでおしまい。最後にランク外作品や対象外作品に関する雑談を。

みんなのうた「月のワルツ」

「宇宙よりも遠い場所」監督のいしづかあつこさんの監督デビュー作であるみんなのうた「月のワルツ」(諫山実生)が、年末に何度も再放送されて突然話題になっていた。このアニメも曲も、実は昔から好きだったので、今回いしづかあつこさんの作品と知って嬉しかったな。

いしづか監督は学生時代にNHK「デジタル・スタジアム」ベストセレクションに入賞しているみたいだね(Wikipedia:いしづかあつこ)。NHKって自分のところが注目したクリエイターさんにこういう小さな仕事を回して育てていくようなことをやってるみたいだけれども、いいことだと思うよ。知り合いのあるクリエイターさんも、同じような感じで受賞後、NHKの仕事を時々やってる。

ちなみにうちにあるこの「みんなのうた」のDVD、「月のワルツ」の他にも「金のまきば」(大貫妙子)、「恋花火」(諫山実生)、「ひよこぶたのテーマPART2。」 (Cocco)、「メトロポリタン美術館」(大貫妙子)などの大好きな曲がたくさん入っていて超オススメ。もう廃盤だしDVDゆえのSD画質なのが残念だけど。中でも「金のまきば」のアニメ(監督:坂井治)は実にすごいと思うよ。

みんなのうた ベストヒット・コレクション [DVD]

みんなのうた ベストヒット・コレクション [DVD]

うちの少年もお気に入りのDVDだ。

ソードアート・オンライン・アリシゼーション

実は俺はソードアート・オンライン(以下SAO)って観たことなかったのだ。一応SAOは俺がアニメを見る趣味に復帰してからの作品なのだけれども、その時はまだここまでストライクゾーンではなかったんだな。で、春に番外編のガンゲイル・オンラインを見て結構楽しかったので、じゃあ3期の「アリシゼーション」が始まる前にSAOについて予習しておくかということで、頑張って1期2クール、2期2クールと劇場版を見てキャッチアップしたのだ。長いよ。

そしたら結構楽しかったので原作も読み始めて結局アリシゼーションも最後まで読んでしまい、ついでにプログレッシブも全部読んでしまう始末。まあ、電子書籍派なので最新刊は年明けの配信を待っている次第。えっと表紙イラストだとアリスさんにネコミミが生えているような気がするんだけれども、キャラ的に大丈夫なのだろうか。

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

ちなみにアニメ版アリシゼーションは流石に4クール中1クールだけで評価するのもアレなので、来年の評価としようと思う(なので今年のベスト10には入っていない)。でもザッカリア編ががっつりダイジェストになっちゃったのはかなり残念だったな。そして木刀なのにむっちゃ強いのはやっぱり風魔の小次郎(笑)。

BEATLESS

今年の実に惜しかったアニメの一つがこのBEATLESS(冬〜春)。まあ制作体制もひどかったのかなんだかわからないけれども、2クールでなんと4回の総集編を入れて、最後まで放送できなかった4回分の内容は別途9月に放送するという始末。

www.youtube.com

まあ制作体制の酷さは当然クオリティに反映されるわけで、色々と残念だった部分もあるのだが、原作はとても面白いし、アニメも紅霞とかの描き方は結構好きだよ。まあその分マリアージュの表現はちょっと削られすぎて残念だったがな。

とりあえずアニメを完走した人は原作を読むのがいいと思う。ところで円盤1, 2巻が結構値下がりしているなぁ、などと気がついた今日このごろだったりする。多分買わないけど。

BEATLESS 上 (角川文庫)

BEATLESS 上 (角川文庫)

ダーリン・イン・ザ・フランキス

これも惜しかったなぁ。あまりにエヴァンゲリオン的ではあるんだけれども、それはそれでエヴァの劇場版があんな感じのところで、俺達の「別のエヴァ」を作るんだ的な受け取り方はできた。問題は後ろ4分の1くらいだよな。なんでいきなり宇宙人が出てくるんだよ。

www.youtube.com

そんなわけで、色々といいところはあった作品だったんだけれども、残念ながらベスト10にはかすりもしなかった。鬼っ子がダーリンダーリン言ってるなんて、俺の世代には最高な属性だっのにな。残念すぎる。

2019年春アニメ

ということで、2019年春アニメは何が注目かな。とりあえず今は「revisions リヴィジョンズ」が楽しみだな。なんか好物の匂いがする。

www.youtube.com

あと数時間で2018年も終わってしまうけれども、なんとか年内に間に合ったぞ。皆様、良いお年を!