xckb的雑記帳

15年ほどWeb日記をつけ続けていたのですが2012年で一旦休止、1年半ほど休んで新天地でぼちぼちのんびりまた始めてみることにしました。

企画展「鉄道美術館」(川崎市岡本太郎美術館)にもう一度行ってきました

さて、先日行ってきた川崎市岡本太郎美術館の企画展「鉄道美術館」ですが、9月25日の日曜日、再び行ってきました。

xckb.hatenablog.com

というのはなぜかと言うと、もう一度展示を見てみたかったから、というのはもちろんなのですが…。

ミニSLの乗車会があったからですよ! シューッ!!!

f:id:xoc:20160925095154j:plain

うちの少年を含めて、ちびっ子たちは蒸気が吹いたり汽笛が鳴ったり機関車が動いたりするたびに大興奮! 動くともう横を走って追いかけます。

f:id:xoc:20160925094905j:plain

ミニSLって実は私は初めて見たのですが、ちゃんとこの釜のところに石炭(今回は無煙炭を利用とのことで、煙はほとんど出ないようです)をくべて、その蒸気で走るんですね。びっくりしました。

f:id:xoc:20160925103311j:plain

というわけで、私とうちの少年を乗せて、「母の塔」の前の広場を走ってました。

「ほらやえもんと一緒だよ」
「えー違うよー」
「何が?」
「顔がないよー」

…まあそれは仕方がないな。

企画展「鉄道美術館」の方ももう一度みてきました。前回来たときは絵画のコーナーなどをゆっくり回れなかったので、今回は福島尚さんの作品などを始めとする絵画のコーナーもゆっくり見て回りました(絵画の部分は撮影禁止だったので、写真はありません)。

それにしても、前回書いたようにさまざまな作品たちが、1つの大きな作品であるかのように振る舞っている感じがとてもいいですね。この奥にある角文平さんの作品「キリン」が、市川平ジェネリック・アートライン」の動く巨大電球に照らされて、会場の壁にゆっくりと影を動かしている姿は実に良かったと思います。うちの少年も「きりんさんのくれーん!」と勝手に名前をつけて楽しんでいました。

f:id:xoc:20160925105951j:plain

このコンクリートミキサーが乗った市川平 さんの「マジカルミキサープロジェクト」も実にいい、と思います。

f:id:xoc:20160925111026j:plain

ということで、今回も、原倫太郎さんの「コロコロ・ダイアグラム」のところで、左右に行き交うボールを見ながら、のんびりと寛ぎました。

f:id:xoc:20160925105415j:plain

ということで、そろそろ向ヶ丘遊園から引っ越して4年近くになるわけですが、こういう面白い企画展をやってくれるので、岡本太郎美術館の年間パスポートは以来ずっと維持しています。大体、年に2回行けば年間パスポートはペイします。ということで、今年3月からの約半年間で4回も訪問している私は、すっかりお得状態になっていたりします。1年内に2回以上行こうと想っている人には、とってもオススメです。