読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xckb的雑記帳

15年ほどWeb日記をつけ続けていたのですが2012年で一旦休止、1年半ほど休んで新天地でぼちぼちのんびりまた始めてみることにしました。

二度目の子連れ沖縄旅行 (1):旅の準備

沖縄 二度目の子連れ沖縄旅行

この8月10日から15日までの5泊6日間、3歳になった息子を連れて、2度目の子連れ沖縄旅行に行ってきました。前回の内容はここらへん(↓)からまとめているのですが、シーズンということもあってかかなり今でも読まれているっぽいので、今年の内容もまとめてみることにしました。

xckb.hatenablog.com

とは言っても、今回は期間が長かったこともあり(前回は2泊3日、今回は5泊6日)、前回のようにテーマ別に分けるのもちょっと難しいため、旅の準備段階に1つ、あとはそれぞれの日付ごとに普通の旅行記っぽく+子連れゆえのエトセトラをまとめてみることとします。

なお、ツアーで取ればもっと楽で安いのでは的な意見もあるとは思いますが、旅程を立てるのが好きな趣味の私としては、一番面白いところを他人任せにするなんて的なモノがあるのでツアーの利用はありえません(そもそもツアーで取ったほうが本当に楽で安いかどうかも知らない)。あと基本的に自分で宿やそのプランは選びたいのです。それが期間中のたとえ1泊だけだったとしても。

f:id:xoc:20160814093029j:plain

航空券の準備

まずは航空券の準備です。去年は2歳児だったので、マイレージの特典航空券で大人2人分確保すれば子供分は無料(つまり全員分無料)でしたが、3歳児になった今年は専用の席を確保する必要があり、有料となります。さらに今回は諸事情から盆休みというハイシーズンに行かざるを得なくなったため、席数が限られるマイレージの特典航空券はちょっと心配です。そういうわけで、ANA派の私としては、普通に旅割でチケットを取ることとしました(たしか旅割75の比較的最初の時に確保したはず)。

本当は、マイルがある限り、直前の予約変更も可能なマイレージの特典航空券の方が、子供の急な体調変化にも対応できて良いのですが、まあ、そのあたりは腹をくくりました。旅割で直前キャンセルすると結構なキャンセル料金がかかるので少々怖いのですが。

ここで注意するべきは、旅割には子供料金がないことです。もし、旅割予約時に、子供用通常料金の方が安価であった場合は、自動的に「旅割・特割(小児額適用)」という料金が適用されます。ハイシーズンで割引率が低いこともあってか、子供に関しては今回はこちらが適用となりました。

また、旅割75予約開始時には、まだ通常料金の予約は始まっていませんが、その場合でも問題なく予約できます。通常料金なので、マイル積算対象は100%となります。とは言っても、うちの場合そこまで頻繁に子供が飛行機にのるわけではないので、子供用のマイレージカードを作るのはほとんど意味は無いということで作りませんでしたが。予約取り消し時の手数料も、旅割ではなく通常料金の予約と同等となります。

今回も便としては、子連れの場合早朝や深夜は避けたいこともあり、人気が今一つっぽい正午をまたぐ感じの時間の便を取ることにしました。席の指定は、できるだけビジネスマン系の人と一緒にならないように、後方座席を指定しました(まあ、3歳になってだいぶ去年より落ち着いてはいるので、以前ほど気にしなくて良くなったかもしれませんが)。

そうやって予約できたのが以下の便でした。大人2人は往路が旅割75、復路が旅割28で取れました。子供は先述の通り旅割・特割(小児額適用)です。

  • 往路:ANA469 8月10日(水) 10:40-13:15
  • 復路:ANA462 8月15日(月) 11:15-13:45

そういえば去年の段階ではまだ紙おむつだったんだよなぁ、と思い出し感慨深いものが。トイレトレーニングの途中とかだと飛行機に乗せるのは悩ましそうだなぁ…。幸いうちはしばらく前にその辺は落ち着いたので、飛行機乗る前に必ずトイレに行かせれば大丈夫っぽいけど。

宿の準備

前回の旅行時も書きましたが、子連れの場合和室の宿はなかなか便利です。去年は2泊いずれも沖縄市の東京第一ホテルオキナワグランメールリゾートに泊まったのですが、こちらのいいところは和室があるところ、沖縄本島の中央部に位置していてどこに行くにも結構便利なところ、ルームチャージなところなどです。今回のようにある程度日数がある場合は、天候に応じて予定を変更したい場合があるので、どこに行くにも便利なのはなかなか良い点です。一方、前回も書きましたがデメリットは山の中なのでビーチがない点、車でのアクセス時に泡瀬のラブホ街を通るところ位ですが、今回の目的には問題ないですね。

a.r10.to

…ということで、移動も面倒なので5泊連続で取ろうか、と思ったら……最初の3日しか空いていなかった! とりあえず3泊分を予約したけれども…うーむ。どうしようかな、と色々模索していたところ、見つけたのが本部町にある「古民家 かねや」さん。備瀬のフクギ並木にある古民家を1軒借りきって泊まるとのこと。これはいいかも、和室だし。まあ、トイレが別の建物だとか色々問題はありそうだけれども、何とかなるでしょう的な感じで予約。

a.r10.to

ということで、最後の1泊はどうしようかな、という感じなんだけれども、考えてみれば最終日の飛行機が11:15発なので、そもそも那覇から遠いところに宿を取ると、レンタカーを返したりするだけで大変(しかも余裕を持って出発2時間前までには返却してほしいとか言われたりするので想像以上に時間がない)。ならば、最終日ではなくその前日にレンタカーを返してしまった上で那覇に宿泊し、移動はゆいレールなりタクシーなりを使えばいいや、那覇だし、的な考えになりました。うん、これがいい。

ということで、最終日は最近那覇でよく泊まっている、ゆいレールおもろまち駅から徒歩圏の新都心方面の宿を取りました。これはいっぱいあるから特に紹介しなくてもいいよね。

レンタカーの準備

以上のような結論で、レンタカーは到着後すぐから最終日前日まで借りることにしました。とりあえず24時間単位ピッタリとなる、8月10日14:00〜8月14日14:00という期間で手配です。2番目の宿の古民家が備瀬のフクギ並木の中にあって、駐車場に入れるにはこの道を通らなければならない、ということで、必要以上に大きな車を借りることは禁物、という感じです(ここは徒歩の観光客や車だけではなく、観光用の牛車とかも通るので、それらとすれ違わなければなりません)。

f:id:xoc:20160814084801j:plain

最近、ニッポンレンタカーSRM会員になっていることもあり、ニッポンレンタカーでわりと早めに手配しました(直前に見てみたら盆休み中は予約いっぱいだったので、ハイシーズンはやっぱり早めに動いたほうがいいです)。必ずしも安いわけではないですが、ニッポンレンタカースマホの音楽再生が可能なナビが確実に付いていたりする点が気に入ってます(画面に曲目がでたり、ナビから再生操作ができたりする)。

以上のような点を考えて、コンパクトタイプの車を8月10日に那覇空港店で借り、8月14日におもろまち那覇DFS店で返すという乗り捨てプランにしました。これで時間をギリギリまで有効活用が可能です。予約時点で1000ccクラスがすでに埋まっていたので、1200〜1300ccクラスで借りることにしました。もちろんチャイルドシートの予約も忘れずに。

仮の旅程

ということで、足、宿という旅の骨格は大体固まったので、とりあえずしばらく放置。出発の1週間ほど前に、仮の旅程を組み上げました。子連れだとフットワークは数割減と思っていいと思うので、余裕を持ったスケジューリングが肝要です。天候などによって適宜入れ替えること前提にした、こんな感じです。

8月10日(水)

  • 8:00過ぎ 羽田までの移動はタクシー
  • 10:40 HND発(ANA469)
  • 13:15 OKA着(ANA469)
  • 14:00 レンタカー予約開始時刻
  • 那覇界隈で軽く昼食
  • 沖縄市のグランメールリゾートまで高速経由で移動(高速で30〜40分)、チェックイン
  • 夕食はホテルのビュッフェで

8月11日(木)

  • 朝食はホテルのビュッフェで
  • 朝のうちに伊計島まで移動(40〜50分)
    • 伊計島で海遊び
  • 昼食は(本島横断するけれども)嘉手納の海そばで食べたい(移動に60〜70分)
  • 沖縄市でショッピング
  • 夕食は沖縄市界隈で

8月12日(金)

  • 朝食はホテルのビュッフェで
  • 首里城まで移動(高速で30〜40分)
  • 首里城観光(久々)
  • 昼食はこれまた久々に首里そばあたりで食べたい
  • 時間に余裕があれば那覇でショッピングしてもいい(ただし14日にも那覇ショッピングの時間はあるので無理はしなくて良い)
  • ホテルに戻る(高速で30〜40分)
  • 夕食は前回も行った北谷のきんぱぎんぱへ(足はタクシー)

8月13日(土)

  • 朝食はホテルのビュッフェで
  • 古宇利島まで移動(2時間弱)
    • 古宇利島で海遊び
  • ランチは本部周辺で
  • 散歩、観光
  • 15:00頃、古民家にチェックイン(周辺観光)
  • 夕食は近所に「ちゃんや〜」というお店があるようなので、そこで取る
    • 予約が庭の席しか取れなかったので、雨天時は代替手段を考える

8月14日(日)

  • 朝食は古民家のプランに込み
  • 朝の散歩、観光(13日と候補は同じ)
  • 11:00までにチェックアウトだが、10時過ぎ頃が旅程的に望ましい
  • 昼食は恩納村のなかむらそばあたりで(移動は60分ほど)
  • 那覇新都心に移動、荷物をホテルに預ける(移動は40〜50分)
  • DFSでレンタカー返却
  • この後はゆいレールの1日券を買って、那覇ショッピング
    • 適当なタイミングでホテルにチェックイン(15:00〜)
  • 夕食はこれまた久しぶりに久茂地川沿いのりょう次あたりで食べたい

8月15日(月)

  • 朝食はホテルのプランに込み
  • 9:00過ぎ頃、ゆいレールで空港に移動、チェックイン
  • 空港ショッピング、軽食(A&W空港店 or 空弁)
  • 11:15 OKA発(ANA462)
  • 13:45 HND着(ANA462)
  • 家までは疲れ具合や子供の状況に応じてタクシーor電車

食事の予約

多少の例外を除き、食事の予約は直前でいいのですが(天候などによる予定変更もありえますし)、今回の例外は4日目夕食の、本部にある「ちゃんや〜」さん。周囲にほとんど競合店がなく、古民家居酒屋の人気店らしい。忙しくて放置していて、1ヶ月前あたりに電話したら、すでに予約満席とのこと。幸い、庭の席ならなんとかなるということで、雨天時はキャンセルという条件で予約できました。

あと、3日目の「きんぱぎんぱ」さんは出発の前日に予約しました。その他の夜はどういう店にするか決め手がなかったので、先送りです。毎日沖縄料理ってのも芸がないので、ちょっとバリエーションを入れたいんですよね。

荷造り

と、準備を着々と行っていたのですが、なんということか、子供ではなく私が出発の3日前の夜に、熱を出して寝込んでしまいました。あまりの暑さに、冷房入れてる家の中でも熱中症になりそうだと思いながらも、ひたすら寝て直しました(職場の方々にはご迷惑をお掛けしました…)。なんとか出発前日夜にはそこそこ大丈夫かな、という体調に復旧。

ということで、慌てて荷造りをしました(私の分以外は、それまでにやってもらっていたので、だいぶ楽でした)。前回は2泊3日の日程だったこともあり、なんとか荷物を1つにまとめられたのですが、5泊6日の日程で、海遊びの用具なども増えた今回は、さすがにスーツケース1つには収まりませんでした。とは言っても、まあ前回よりは子供も成長したので、1人がつきっきりになる必要も減ったということで、これでいいのかな、ということで。

というわけで、あとは出発です。

こちらに続く。

xckb.hatenablog.com