読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xckb的雑記帳

15年ほどWeb日記をつけ続けていたのですが2012年で一旦休止、1年半ほど休んで新天地でぼちぼちのんびりまた始めてみることにしました。

富士フィルムのX-T10に一目惚れして購入

デジカメ

先日、なにげに人生初のデジタル一眼を買ったんですよ。何を買ったかというと、富士フィルムのX-T10です。今回の買い物は、まともに他社製品を比較したりせず、まったくもって直感で買いました。より具体的には、4年くらい前に買ったX-10って高級コンデジ的なやつが気に入っていて、それによく似た型番であるX-T10のミラーレス一眼が出たと聞き、これどうなんだろうなー、とビックカメラで本物を触ったら、一目惚れしてしまったんですよね。なので、X-10(左)と今回買ったX-T10(右)を並べてパチリ。

f:id:xoc:20150719232020j:plain

以前から「なんでデジタル一眼買わないの?」とか一部に言われていたのでは有りますが、なんかいろいろ明確に言語化出来ないもやもやがあったんですよね。

実はF3と古いニッコールレンズを色々持っているので、ニコンデジイチ買ってもいいかなと思った時期もあったんだけど、ニコンの普及機はAPS-Cだから元のレンズの画角が生かせないし(16mm F2.8とか持っているとAPS-Cにするモチベーションがかなり減退する)さらにデザインが気に食わない(重要)。そしてフルサイズ機はでかいし高いししかもこれまたデザインが気に食わない。…いや、ニコンDfが発表された時はかなり理想型だったのですが、それにしても高いし、アンティークなレンズはともかく、今風の大多数のニッコールのAFレンズとはデザインが合わなそうで今ひとつ食指が動かず。

そんななかでミラーレス一眼ってのは、35mm時代のレガシーさをすっぱりと切り捨てた、本来のデジカメらしい一眼レフということでかなり好意的に見ていたのですが、いかんせんコンデジ感が強い機種が多くてこれまた食指が動かず。X-T1が出た時は、まだX-10を買ったばかりで、しかも結構高かったのでこれまたあまり見ないようにしてました(笑)。

この4年ほど使っていた富士フィルムX-10というデジカメの魅力は、コンデジながら

  • 手で回すズーム
  • たくさんの物理的なダイヤルやスイッチで機能を調整
  • 光学ファインダーがある
  • PROVIAとかVelviaとかASTIAとか、萌える名前のフィルムエミュレーションモードが有る
  • 古いレンジファインダーカメラみたいなデザイン

という実におっさんホイホイ的な部分に引っかかったといえば引っかかったんだけど、実際に使ってみて絵の作りの点でもかなり気に入っていたんですよね。そのXシリーズの最新機種が出て、前のX-T1よりお求めやすい価格で出ている(ただし防滴機能とかはなくなってる)となれば、ちょっと気になるじゃないですか。で、先述の通り実機をビックカメラで触ってみたんですよ。そうすると

  • 手で回すズーム(まあこれは当たり前だけど)
  • たくさんの物理的なダイヤルやスイッチで機能を調整
  • 光学ファインダーはないけど、EVFが明るくて多分60fpsで、とても綺麗で反応がいい
  • PROVIAとかVelviaとかASTIAとか、萌える名前のフィルムエミュレーションモードが有る
  • 古い一眼レフカメラみたいなデザイン

ということがわかりました。特にこの上面のダイヤルがとてもいい感じです。

f:id:xoc:20150806230326j:plain

さらに

  • シャッターを押した時の感触や反応が自分好み
  • EVFを覗いて撮る時のスタイルがフィルム一眼を使っていた頃と全く一緒で素敵
  • 写真で見るとX-T1の方がカッコよく見えたんだけど、実物はX-T10も実に俺好みのデザインだった

という点がなかなか良いということがわかり…。これはヤバい! ということで、買ってしまったのですよ。

だから真面目に他社製品との比較なんてしてません。いいじゃん単なる趣味なんだから。

レンズとしてはまずはとりあえず色々使いたいのでズームでXF18-55mmF2.8-4 R LM OISとXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを買ってしまったのですが、早速単焦点のXF23mmF1.4 Rが欲しくなっているのは何とも…。

18-55mmのワイド端での撮影。あー、実に好きな感じの絵。

f:id:xoc:20150802073435j:plain

同じ場所での55-200mmのテレ端での撮影。こちらもなかなか素敵です。

f:id:xoc:20150802073607j:plain

稲村ヶ崎からの江ノ島。18-55mmのテレ端。

f:id:xoc:20150722145055j:plain

江ノ島水族館のクラゲ。水槽のガラス越しなのでなかなか難しい。

f:id:xoc:20150722114810j:plain

f:id:xoc:20150722114607j:plain

ここでは公開しないけれども「奇跡の一枚」的な子供の写真も撮れたので、とりあえずとても満足してます(笑)。

ところで、X-T1の赤外線写真対応版のX-T1 IRってのがあるようで…。

www.gizmodo.jp

おそらくオートフォーカスのIR補正とかもやってくれるのかな(それともAF方式によっては自動でできる?)。IR写真好きとしては、フィルムエミュレーションに(かつてのライバル社の)High-Speed InfraredとかEktachrome Infraredとかさくら赤外750とかあったら感涙で買ってしまいそう。絶対ないだろうけど。

てなわけで、今回購入したのはこちらでした。

続きます。

xckb.hatenablog.com