読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xckb的雑記帳

15年ほどWeb日記をつけ続けていたのですが2012年で一旦休止、1年半ほど休んで新天地でぼちぼちのんびりまた始めてみることにしました。

「四月は君の嘘」聖地巡礼:三度目の春

さて、アニメ「四月は君の嘘」が終わってからすでに2年ということで、三度目の春を迎えることになります。懐かしいですね。ということで4月4日、やはり今年も花見的に練馬の街に行ってきました。

練馬高野台駅近くの桜並木

まずはあの、第2話や第22話などで印象深い、練馬高野台近くの石神井川沿いの桜並木。実は私は子供の頃、板橋区石神井川沿いに住んでいたこともあり(こちらも桜の名所)、石神井川には色々と思い出があります。

今年はちょうど桜満開、という風にはいかなかったのですが、それでもかなりきれいに咲いていました。

f:id:xoc:20170404103049j:plain

f:id:xoc:20170408090951j:plain
四月は君の嘘」第2話 「友人A」

続きを読む

けものフレンズ:寝耳に水の12.1話とガイドブック1巻

なんかお前、最近「けものフレンズ」の事しか書いてないじゃん、と言われそうだけれども…,。まあとりあえず最終回も過ぎた事だし、もうしばらくお付き合い下され。 さて、けものフレンズ最終回、何度見ても最高ですなぁ…。ということで、久々にこんなにアニメにはまったのでやや「けもフレロス」状態。

xckb.hatenablog.com

第12.1話 「ばすてき」

そんなけもフレロスの中、色々年度末で忙しかったこともあり、まだ見てなかった2017年冬アニメの残りとかをいくつか見ていたのだが、やはり火曜日が来ると、ああ、今週はけもフレ待機しなくてもいいのか…的な。そんな中、Twitterちほーでは妄想の「13話待機」が盛り上がっているところで、(自分はリアルタイムでは見ていなかったものの)たつき監督が颯爽と午前1時35分に爆弾投下をされたようで…。

「じゅ、じゅ、12.1話ですと??」朝起きてtwitterを覗くと、これがドッタンバッタン大騒ぎになっている。そんなわけでとりあえず視聴。

なにこれ…完全新作じゃないか。しかも「趣味」とか言いつつ、なんと声優さんの声まで入ってる。

続きを読む

今、万感の思いを込めてジャパリバス(改)が行く:けものフレンズ 最終回感想など

ついに「けものフレンズ」が最終回を迎えた。誰も注目しておらずひっそりと始まったこのアニメをなんとなく見始めて、一見、どう見てもクソアニメに見えてしまった第1回で諦めずにその後も見続けて、ついにこんな社会現象的アニメになるまでの仮定を、リアルタイムでご相伴できたことは非常に喜ばしい。最終回のニコ生でも、何気にまた伝説を作ったようなニュースも出ている。

nlab.itmedia.co.jp

ということで今回は、まだ最終回をやっていなかった先週、憶測と妄想をがっつり書いた前回の記事についても時々触れながら、最終回の振り返りとシリーズ全体の感想を書いてみたいと思う。

xckb.hatenablog.com

(2017年5月10日追記)
GWに佐渡のトキの森公園に行ってきました。野生のトキさんにも遭遇。
xckb.hatenablog.com

最終回「ゆうえんち」

10話頃から毎週リアルタイムで見るようにしていたので、今回もテレビの前でがっつりとリアタイ視聴した最終回、第12話「ゆうえんち」。奇をてらわずに王道中の王道の、ハッピーエンドの最終回を作ってくれたということが、最高に嬉しかったな。

前回からの続き。意識が戻り、ヒグマさんたちから状況を聞いて把握したサーバルちゃんが、巨大黒セルリアンに取り込まれたかばんちゃんを必死に助けようとする。もうここの、黒セルリアンにしがみついて叫ぶサーバルちゃんのセリフだけでも目頭が熱い。

「かばんちゃんを返して! 返してよ! 怖がりだけど、優しくて、困っている子のために色んな事考えて、頑張り屋で、まだ…お話することも、一緒に行きたいところも…ううううう…返してよ!」

f:id:xoc:20170331095236j:plain

続きを読む

「かばんさんは、勝算のない戦いはなさいません!」(けものフレンズ 第10〜11話 まとめ)

けものフレンズ」に関しては今まで3話ごとに記事を書いてきたのだけれども(第1〜3話第4〜6話第7〜9話)、まあ、1話ごとにブログ書いていたらこりゃ忙しくて体がもたん、的な感じだったわけだが…しかし11話を見て…なんたるこの衝撃!

たとえば、「魔法少女まどか☆マギカ」の頃の自分はほとんどアニメとか見てなかったのだけれども、伝説のまどか3話の衝撃って、リアルタイムではこういう感じだったのかなぁ、的なことを考えてしまうくらいの凄まじい衝撃だった(自分は放送から半年くらい経ってから見た「まどか」で、久しく遠ざかっていたアニメの世界に呼び戻されたフレンズなので…)。

一方で、何となくこの「衝撃」がネットで広がる様を見ながら、「それは違うんじやない?」と思う事も多少あり。

波乱を呼んでる11話ラストのこのシーン、表情やアングルが似てるからか、「私って本当にバカ」ってセリフ被せて書いてる人もいたけど、多分このシーンは同じ「まどか」で言えば「ほむらちゃんごめんね、私、魔法少女になる」のシーンだと思うんだよね。

f:id:xoc:20170323061830j:plain

この世界(ジャパリパーク)で随一の知将であるところのかばんちゃんは、勝ち目のない戦いはしないと俺は信じてる。ユリアンじゃないけど。まあ、こんな事を憶測で語るのが許されるのもあと数日。

というわけで、これはやはり、まさに今、書かないわけにはいかないだろう! ということで、第10話、第11話に関して軽い考察や感想などをまとめてみようかと思う。

続きを読む

びじゅチューン グッズフェア (グランツリー武蔵小杉):2回目はペタペタ焼き

はてさて、2日前にグランツリー武蔵小杉のびじゅチューングッズフェアに行ったばかりではあるのですが、早速20日にもう一度行ってきました。

xckb.hatenablog.com

前回は一人でいてきたのですが、今回はうちの4歳児少年と一緒です。

そして早速のペタペタ焼き! 彼は「委員長はヴィーナス」を選択。

f:id:xoc:20170320235038j:plain

あまり絵心はなさそうに見えていたうちの少年ですが、パパの干渉は

  1. 「こことここは同じ色を塗ったほうがいいんじゃない?」
  2. 派手にはみ出た場合はティッシュで修正
  3. 「さすがに顔は肌色で塗ったほうがいいと思うぞ」

的な感じにとどめて(他の同年代っぽい子の親の干渉具合を見つつ、やや控えめにしてみた)、あとはうちの少年がやるのを優しく見守る俺。そして彼が小一時間以上頑張った末についにペタペタ焼き完成!

f:id:xoc:20170320152219j:plain

続きを読む

びじゅチューン グッズフェア (グランツリー武蔵小杉)

相変わらず「びじゅチューン」熱の冷めないうちの4歳児少年なのではありますが…。

www.nhk.or.jp

さて、この年末年始に吉祥寺ロフトでびじゅチューンのグッズフェアに行ってきたのですが、今度はわりと地元的な武蔵小杉のグランツリーで同様のイベントをやる、しかもずっと大規模に!という嬉しい情報が突然入ってきました。

というわけで、早速初日の3月18日(土)に行ってきました(ちなみに会期は3月26日(日)までです)。諸事情でうちの少年は来られなかったので一人でなのですが。26日の井上涼さんのサイン会整理券を18日から2,000円以上のグッズ購入者を対象に配布する、とのことだったので、開店時間の10時に合わせて武蔵小杉に。風神雷神図屏風デートのバルーンがお迎えしてくれました。

f:id:xoc:20170318095713j:plain

続きを読む

けものフレンズをきっかけにあらためて夢見ヶ崎動物公園に

さて、「けものフレンズ」に関してはやっと第7〜9話の件をまとめたばかりではあるのですが…。

xckb.hatenablog.com

実は第6話のヘラジカの紹介で出てきた川崎市夢見ヶ崎動物公園にも行ってきました。とは言っても、実はここはほぼ地元なので、子供を連れて何度も行ったことがあった場所の上、さらに学生のころには、ここの無茶苦茶近くで一冬を過ごした事もあったなぁ、的なエリアなのですが、これを機会にあらためて…ということで。

f:id:xoc:20170215232442j:plain

公共交通機関でのアクセスは、最寄り駅は新川崎ということになるのですが、この新川崎という駅は、武蔵小杉に横須賀線が止まるようになって少しマシになったものの、相変わらず微妙にアクセスの悪い駅です。しかもここから15分以上歩く(しかも最後は上り坂)ことになる上、もう少しアクセスがマシな南武線鹿島田駅から歩くことにすると25分近く歩くことに。意外にオススメなのは川崎駅西口から循環バスや元住吉駅行きのバスに乗れば、「夢見ヶ崎動物公園前」のバス停があるのでそのほうがオススメです。まあ、このバス停からも7, 8分上り坂を歩くんですけどね(笑)。

続きを読む